リンク広告

外貨預金・FX

FX「macaso」の勝敗は3ヶ月ループか?

投稿日:

FX「macaso」で7ヶ月半経過した。

2019年3月に、投資資金50万円を用意してスタート。

macaso(マカソ)

 

投資月 月間損益額 累計損益額 投資資金推移
3月 31,644 31,644 531,644
4月 12,060 43,704 543,704
5月 ▲269,498 ▲225,794 274,206
6月 30,959 ▲194,835 305,165
7月 8,228 ▲186,607 313,393
8月 ▲86,655 ▲273,262 226,738
9月 21,148 ▲251,125 248,875
10月18日 17,560 ▲230,554 269,446

 

マカソムリエはランキング上位を選ぶが、あまりにも成績が悪いのは適時入れ替えている。

月ごとの損益を見ると、中利益→小利益→甚大な損失の3ヶ月パターンが繰り返されているのか?

5月、8月ともに米中貿易摩擦による経済変動の影響でポジションが赤字拡大し、損失確定。

その前の4月、7月は小額の利益は出ているものの、翌月に持ち越した含み損の額が大きい。

 

資金が30万円を割った時は、30万に戻ったくらいに止めようかと思ったが、一時回復するものの含み損が大きく止められず。

資金が25万円を割った時も同様に考えるが、回復時やはり含み損が大きくなっており、止められない。

10月18日時点で、6,500円の含み損を抱えているが、資金27万円が確定したら止めよか、それとも、最近リリースされた「マカセレクション」を試すか、思案中。

 

 

「マカセレクション」は、投資スタイルと投資金額に合わせたマカソムリエの組み合わせを提示してくれるもの。

投資スタイルには、以下がある。

コツコツ型  基本的には中・長期スタンスで、リスクを考慮して取引数量を抑えた設定で慎重に取引を行う

バランス型  基本的に中期スタンスで、取引数量をある程度抑えた設定で利食い優勢になるような取引を行う

積 極 型  基本的に短期スタンスで、取引数量をある程度大きく設定して利益を狙う取引を行う

超 積 極 型  基本的に超短期スタンスで、取引数量を大きく設定して積極型よりも大きな利益を狙う取引を行う

「エキサイトワン株式会社 macaso」 より引用  

 

設定の仕方は、詳しい説明がないので、結構不親切に感じる。

PCでは、取引画面のフォローマカソムリエ設定より、「マカソムリエ一覧」を選択する。
(スマホアプリでは、メニューから「マカセレクション」を選択する)

新たにウィンドウが開き、「1.希望投資金額」の入力、「2.投資スタイル」の選択、「3.マカセレクション」の選択をする。

「1.希望投資金額」は、投入可能資金の最大値が自動的に入力されるが、自分でマカソムリエを選択している場合、稼働させていなくても、そのマカソムリエ分の資金が拘束される。

そのため、残金があっても投資金額が減らされるので、稼働させていないマカソムリエのフォローを外す必要がある。

「2.投資スタイル」をスライドバーで移動させると、選択可能なマカセレクションが現れる。

25万円の資金量では、全ての投資スタイルで同じ種類のマカセレクションが2つ表示された。

投資スタイル「超積極型」で投資金額90,280円で、ようやく1種類表示される程度なので、かなりの資金量が必要と思われる。

 

 

ブレグジットを控える中で、この際一括決済してmacasoから撤退するべきか、決断の時が来ているのかもしれない。

 

 

ダブルレクタングル12

スポンサードリンク

楽天市場

-外貨預金・FX

Copyright© 脱サラニートの投資日誌 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.