証拠金取引

リンク広告

先物

新しい投資方法を検討

投稿日:2018年4月10日 更新日:

保有株の株価低迷、仮想通貨も低迷、信用取引では痛手を負った。
ソーシャルレンディングは順調だが、預けっぱなしで暇。
ということで、新たなる投資先・方法を探してみることにした。

これまでの投資を反省するに、自分の売買判断が間違っていたのかもしれない。
また、少し儲けて慣れてくると、警戒心なく適当に放っておくのもいけない。
ならば、これからの時代は『 A I 』だ!
との結論に至った。

経済雑誌の広告に載っていた「じぶん銀行」の「AI外貨予測」をやってみる。
銀行口座を開設してみると、AI予測はスマホのみ対応しているようだ。
米ドル・ユーロ・豪ドル・ランド・NZドルを対象に、
1時間後・1営業日後・5営業日後の終値を
100%のうち、〇%の確率で値上がり、残りの確率で下がると予測している。
また、上がる予測の中で高値は〇〇円に到達すると予測し、
下がる予測の中で安値は〇〇円になると予測している。
当初の自分の目論見では、短期決戦で、
1時間後・1営業日後・5営業日後の表示が3個とも揃った時に
外貨購入し、予測の高値で売り逃げることを繰り返そうと思っていた。
しかし、実際の現在買値と予測高値の売値を計算するとマイナスになる場面もある。
FXのエントリーする参考にするのはどうかとも考えたが、
予測が大雑把な気もしたので、口座だけ開いて放置状態になってしまった。

次に「QuantX(クオンテックス)」というアルゴリズム販売サイトに登録。
開発者が作成した株価予測アルゴリズムをもとに、
値上がり・値下がり銘柄の売買シグナルをメール通知してくれるというサービス。
アルゴリズムは数千円~50,000円くらいまであり、
取り敢えず1ヶ月無料体験版をやってみる。
このアルゴリズムの初期設定が、想定投資資金1,000万円で50銘柄を対象にしている。
市場が終わってから夜に、売り・買いのサインが出ている銘柄をメールで教えてくれる。
後は、実際に自分で株を売買するのであるが、値段の指示まではない。
ただ、自動通知サービスは期間限定で無料になっているので(通常980円/月)、
体験版の通知を受け取るだけになるかも。

結局、自分判断で一喜一憂しながらやることになるかな。
今の興味は「日経225ミニ」である。

ダブルレクタングル12

スポンサードリンク

楽天市場

-先物

Copyright© 脱サラニートの投資日誌 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.